基礎知識

英会話が最短でできるようになる!?効果ありな「話す」勉強方法6選

英会話教室に通ってみる

話す勉強法で真っ先に浮かぶのは、英会話教室に通うことですね。文法の勉強や単語を覚えるのは一人でもできます。インプットの勉強はいくらでもできます。しかし何かを覚えようとするときはアウトプットをすることで自分のものにできるので、英会話教室を利用するのが良いでしょう。また、英会話教室に通うことが英語の学習を続けるモチベーションにもなりそうです。ある程度話すことができる人にはとても効果的な勉強の手段です。

手軽なオンライン英会話教室を利用する

また、アウトプットをしたくて英会話教室に通いたいけれど時間が無い人におすすめなのが、手軽なオンライン英会話を利用することです。自宅で空いた時間を利用するので、わざわざ教室に通わなくても英会話教室と同じような勉強の効果を得られます。英会話教室は住んでいる地域によって選べる違いが出てくるものですが、オンラインの英会話は自分がどこに住んでいようと同じように受けることが出来るので、とても便利です。忙しい学生や会社勤めの方以外にも子育て中の主婦などでも英会話を諦めずに勉強することが出来ます。

脳内で一人二役の会話をしてみる

英会話教室やオンライン英会話で話す機会を作るのも大事ですが、お金をかけずに話す練習が出来ると良いですね。例えば自分の頭の中で一人二役になって会話をするのはどうでしょうか。脳内で会話をするのもアウトプットに違いはありません。それは単語や文法のインプットがないとできないからです。自分の頭の中だったらいくらでも役割を作れるので、会話の幅も広がりそうです。

つい出る独り言を英語で言ってみる

また、つい出る独り言を英語にするのも良さそうですね。それも立派なアウトプットです。あらかじめつぶやきのフレーズなどを暗記しておいて、ことあるごとにそれをつぶやいてみるのです。英語でつぶやくようになると、英語で考え英語で話すという癖がつきます。最初はつぶやくのも難しいでしょうから、「今日はどこどこへ行く」とか「明日これをやる予定」などの未来の予定をつぶやくことから初めてみるのも、スムーズにつぶやく方法です。

インターネットで外国人の友人を作ってみる

他には、この時代ですからインターネットで外国人の友人を作り、会話を楽しむのも英会話をするきっかけになりそうです。教室などを利用せずに定期的に外国人と英語を話すには、知り合いを作るしかありません。近くに外国人が多く集まる場所などがあればきっかけもありそうですが、そうでない場合、出会いは自分で探すことになります。インターネットでは、相手がどんな人物かよく確認しながら積極的に友人を作るとよいでしょう。

外国人観光者向けのボランティアをやってみる

もし自分の住んでいる地域が観光地なら、外国人相手のボランティアをしてみるのも英会話の勉強になります。最近外国人は日本人が考えつかないような場所にまで観光に訪れています。よく調べると今住んでいるところの近くに外国人にとっての観光地があるかもしれません。そこでボランティアを買って出て外国人のお相手をするのです。こちらは観光に関した決まった内容を話すので、あらかじめ言葉を用意することによって、外国人と話すのもスムーズにいくでしょう。

ABOUT ME
ショーン
ショーンです!クオーターの帰国子女です。 上智大学英文学科卒業後、て中学校で英語教師として勤務しています。 私自身の経験をもとに、英会話のコツと上達方法について気ままに執筆しています。