基礎知識

ヒアリングを伸ばすには何をすれば良いの?

ヒアリングが伸びない理由

英会話を勉強するうえで大きな障害に成り得るのが、ヒアリングです。ヒアリングが伸びない理由として挙げられるのは、単語や文法を知らない・スピードについていけないなどの理由が挙げられると思います。しかし単語を知っていても聞き取れず宇、文字に起こされているのを見たら理解できるような方も多いと思います。なぜそのようなことが起こるのかというと、正しい発音で単語を覚えることができておらず、いわゆる「Japanese English」になってしまっているためです。またスピードに追い付けないのも英語を日本語に変換してから理解しようとしていることが原因です。

リダクションって何

英語のヒアリングが伸びない理由には、他にリダクションが挙げられます。英語は世界的に見てもリダクションが非常に多い言語として知られています。日本ではそれほど感じないかもしれませんが、実はそれは日本に住んでいる外国人が日本人に合わせた話し方をしているためです。ではそもそもリダクションとは何を指しているのでしょうか?リダクションは、音が脱落したり弱化する現象を指しており、英語は話していると、必ずと言っていいほどリダクションが起こると言われています。これは単語ごとに区切ると不自然な話し方になってしまうため、繋げる事で流暢に伝えることを目的としています。

発音記号を覚えよう

ではリダクションを理解するにはどうすればいいのでしょうか?そのためにはまず発音記号を理解する必要があります。英語は日本語とは異なり、同じ“a”でも発音が違ったり、違うアルファベットでも同じ発音をするなど、日本人が慣れ親しんでいる言語とは発音の仕方が異なります。そのため英語のCDなどを聴くことによって正しい発音を身に着けたり、発声でも発音記号をきちんと理解して使い分けるようにしないと、「Japanese English」になってしまい、ネイティブスピーカーのような流暢な発音を身に着けることはは難しいです。

発音が分かると聞こえるようになる

発音を正しく理解できるようになると、ヒアリングも飛躍的に向上すると言われています。もちろん発音が完璧でなくてもある程度の理解力があればヒアリングは可能です。それは聞き取った音を、文脈・背景・発音などから、自分が知っている中で最も近いと思われる単語に無意識に変換しているからです。ただ最低限の知識がないと全く異なる単語に聞き間違えてしまう危険性はあります。ここまででは発音記号を覚えなくても大丈夫と感じるかもしれませんが、日本人にはどうしても同じ音に聞こえてしまい、判別しづらい音があるので、それらは発音練習で鍛えると、聞き分けられるようになるでしょう。

ヒアリングとリスニングの違い

最後に「リスニング」と「ヒアリング」の違いについて解説していきます。「listen」と「hear」ではどちらも日本語訳で「きく」という意味になりますが、実は両者には大きな違いがあります。それは「意識」の差。「listen」は意識をして耳を傾けている「聴く」ですが「hear」は 意識をせず耳に入っている「聞く」に該当します。そのため英会話などは「ヒアリング」と言えます。リスニングができない状態で、ヒアリングしてもあまり効果はないため、まずは意識的に聴く「listen」を練習してから、少しずつ長い文章で試してみるといいでしょう。