基礎知識

「はじめまして」でも緊張しない!ネイティブも驚く英語の挨拶

英語の挨拶は”Hello”だけじゃない

皆さん英語の挨拶と言えば何を思い浮かべますか?

多くの人は「Hello!」・「Nice to meet you!」などを想像したと思いますが、実は英語の挨拶はこれだけではないんです!

英語の挨拶は日本にも「こんにちは!」を始めとして幅広い種類があるように、様々な挨拶があります。

それらを思えておくだけで相手やシーンに応じて適切な挨拶を選ぶことができます。英語の挨拶は簡単に覚える事ができるのでぜひ挑戦してみて下さい。

これで差がつく!ビジネスシーンでも使えるフォーマルな挨拶

挨拶はその人の第一印象を決めると言っても過言ではありません。

特にビジネスシーンでは適切な挨拶を選ぶことによって自身の「礼儀正しさ」を選ぶことができるので、大事な要素です。

まずそれなりに改まった挨拶が必要なシーンでは「Good ○○」といった挨拶が海外では一般的かつ、適切な挨拶と言えるでしょう。

その他にも「How do you do?」は疑問形で終わっていますが、非常にフォーマルな挨拶ということができるでしょう。

日本人がやりがち!恥ずかしい英語での自己紹介

続いて日本人がやりがちな恥ずかしい英語での自己紹介について紹介していきたいと思います。

まず自分の名前を述べる時によく「I’m」を使いますが、実はネイティブスピーカーは電話の時にしかこの使い方をしません。

もし自己紹介で使ってしまうと少し偉そうに見られてしまう危険性があるので注意するようにしましょう。

また自分の趣味を聞かれたときに「My hobby is」と答えるのも実は間違い。

これでは何とか趣味を見つけてという印象になってしまうので、「In my free time」を使うと趣味を楽しんでいる印象を与える事ができます。自己紹介を少し工夫するだけでも印象を変えられるので注意しましょう。

すぐに使える自己紹介のフレーズ3選

すぐ使える自己紹介のフレーズ3選を紹介していきます。

まずは「Nice to meet you」ですが、実は「Nice」を「Great」・「Lovely」と変えることによってシーンに応じて挨拶できます。

続いて相手から「Nice to meet you」と話しかけられた時は「You too」と答えるのが正しいです。

最後に自身の名前の呼び方を教える時は「Please call me ~」とすると相手は気軽にあなたの名前を呼べるでしょう。

自己紹介が終わりではない!その後の会話の準備をしておこう

ここまで英語でのあいさつについて紹介してきましたが、挨拶はコミュニケーションの最初のとっかかりに過ぎません。

自己紹介で終わるのではなく、その後の会話の準備をしておくことで、相手との意思疎通を迅速に行うことができるようになっていくので、ネイティブスピーカーが良く使うフレーズをこまめにチェックしておきましょう。