基礎知識

オリンピックまでには覚えたい!おもてなし英会話をご紹介!

東京オリンピックまで残りわずか!英語で「おもてなし」をしよう

いよいよ始まった令和時代。来年は東京2020オリンピック・パラリンピック大会が開催されます。世界最高レベルの運営と言われる今回の大会は、世界中のアスリートやお客さまを最高の「おもてなし」で迎えることが期待されています。日本に住む私たち一人一人が英語を使って最高の「おもてなし」をすれば、東京2020大会は世界中の人々の心に残るすばらしいオリンピックになるはずです。そこで、簡単な英語のフレーズで海外からのお客様を案内したり日本のことを紹介したりする「おもてなし英会話」をぜひマスターしてみましょう。

「外国人おもてなし語学ボランティア」とは

「外国人おもてなし語学ボランティア」は、東京都が認定する正式な語学ボランティアです。東京2020オリンピック・パラリンピック大会に向けて、外国人観光客の滞在環境の向上のために声掛けなどの助力ができるボランティアを育成しています。語学力に応じて無料の講座を受講し、ボランティアに登録すると、缶バッジと登録証がもらえます。その後、普段の生活の中で困っている外国人観光客などに英語で声掛けをする活動を個人で行います。

英語での道案内フレーズ

道案内なら、身振り手振りや地図・メモを使った案内も可能ですが、そこに少しだけ英語の言葉を添えたら、お客さまにおもてなしの心が伝わるでしょう。

★ Excuse me. Do you need any help?
(すみません、何かお手伝いすることがありますか?)
★ Where are you going?
(どちらへ行くのですか?)
★ Go straight and turn right at that convenience store.
(まっすぐ行って、あのコンビニのところを右です。)
★ Go along this street, then you’ll find it on your left.
(この通りを行ったら、左手にありますよ。)
★ Take the Marunouchi subway line, it’s three stops from here.
(地下鉄丸の内線に乗ったら、ここから3駅ですよ。)
★ OK. I’ll take you there.
(OK、私がそこへお連れしますよ。)

誘導〜お会計支払い方法の英語での確認フレーズ

誘導する時は、多少英語ができなくても笑顔で丁寧にご案内することがポイントです。おつりの出し方には特に日本独特の丁寧さがあり、日本らしいおもてなしが伝わる場面かもしれません。

★ Thank you, sir. The cash desk is over there.
(ありがとうございます。レジはあちらにございます。)
★ Excuse me, please wait in line here.
(すみません、こちらで列にお並びください。)
★ Your total comes to five thousand yen. Cash or credit card?
(全部で5000円です。現金とカードどちらになさいますか?)
★ Sorry, we only accept cash or cards.
(申し訳ありません、現金かカードのみの取り扱いです。)
★ Out of ten thousand, and here’s five thousand yen for your change.
(10000円のお預かりから5000円のお返しになります。)
★ Here’s your receipt.
(こちらがレシートです。)

レストランでの英会話接客フレーズ

レストランでは、お客さまが楽しく食事できることが一番です。精一杯のおもてなしの心で英語を使ってみてください。その心が伝わって、食事が何倍ものおいしさに感じられることでしょう。

★ Welcome to our restaurant. A table for two?
(ようこそ私どものレストランへ。お二人さまですか?)
★ Enjoy yourself. Here is the menu.
(楽しんでくださいね、こちらがメニューです。)
★ I’d recommend today’s special‘Fujisan curry’.
(今日のスペシャルメニュー『富士山カレー』がおすすめです。)
★ Are you ready to order?・・・Certainly.
(ご注文はお決まりですか?・・・かしこまりました。)
★ Would you like anything to drink?
(何かお飲み物はいかがですか?)
★ Here’s your bill. I hope you enjoyed your meal.
(こちらがお勘定です。お食事楽しんでいただけましたでしょうか。)

アパレルでの英会話接客フレーズ

日本のアパレルでのおもてなしと言えば、お客さまへの多彩な声掛けと、上手なほめ言葉ではないでしょうか。あまりうるさくならない程度に笑顔で少しの英語を使って語りかけてみましょう。

★ You can try this on.
(こちらはご試着できますよ。)
★ There’s a mirror over there. It looks good on you!
(あちらに鏡がございます。お似合いですよ!)
★ We have a special sale now.
(ただいま特別セール中です。)
★ Let me see, this is a bit tight.
(そうですね、こちらは少々小さいですね。)
★ We have an alterations service.
(私どものほうでお直しサービスもできます。)
★ This color really suits you.
(この色はお客さまに本当にお似合いです。)

ABOUT ME
ショーン
ショーンです!クオーターの帰国子女です。 上智大学英文学科卒業後、て中学校で英語教師として勤務しています。 私自身の経験をもとに、英会話のコツと上達方法について気ままに執筆しています。