基礎知識

英会話の例文を暗記って効果あるの?おすすめの暗記勉強法3選

英会話テキストの例文暗記は効果なし?!

数十年前に日本国内の書店で売られていた英会話のテキストは、ほとんどのものが、超基礎レベルのみの日常会話フレーズ集や、旅行で出会うほんの一部分の面でしか使えないような会話テキストでした。

そのため、テキストに収録されている英会話の例文は、実際に海外で使われている英会話と異なっている場合があり、テキストの英文を丸暗記して使おうとしてもなかなか使えなかったとか、使ってみると会話の相手から変な顔をされた、などの経験を持つ人もいました。

しかしながら、最近はさまざまな場面で実際に使われている英会話を紹介するテキストが増え、掲載されている例文の精度や使い勝手もかなり考えられているようです。
なかには、1冊のテキストの例文だけで、短期間の海外出張・滞在などをこなせてしまうのではないか、というほど優れたものもあります。
こうした優れたテキストの例文を暗記することは、英会話の力を向上させるのに十分効果を発揮すると思います。

もちろん、〈会話〉はその瞬間の生きたコミュニケーションにしたがって進められるものなので、単純に例文暗記だけで乗りきれるとは言えません。
また、正しく例文を理解していない場合は、そのまま使ってしまうと、相手に誤解を与えかねない場合もあります。

それらの点に注意しながら、テキストの例文を〈英会話のコミュニケーション・ツール〉として暗記するならば、さまざまな状況において、きっとあなたの役に立つことでしょう。

英会話例文暗記のデメリット①応用を効かせにくくなる

例文を何度も何度も口にして丸暗記すると、そのフレーズはすぐに口について出てくるようになります。

ただし、ここで十分に注意しなければならないことがあります。

もしあなたが
“ What’s up?”(調子はどう?)
という挨拶のフレーズを丸暗記して、すぐにでも使えるほど完全に覚えていたとします。

そこに、最近海外から移動してきた外国人の上司がやってきて、あなたがついこの英語の挨拶をしてしまうと、おそらくその上司は驚いて無言になることでしょう。
というのも、これは親しい間柄の相手にしか使用しないフレーズだからです。

人がどんな言葉を使うかは、状況や立場、または相手によっても変わってきます。
これは、英語でも言えることです。

会社の会議とプライベートでは、同じことを言うとしてもやはり話し方が違います。
テキストのフレーズを丸暗記するだけでは、このように応用が利かなくて困ったことになる場合もあります。

例文を何度も何度も口にして丸暗記すると、そのフレーズはすぐに口について出てくるようになります。

ただし、ここで十分に注意しなければならないことがあります。

もしあなたが
“ What’s up?”(調子はどう?)
という挨拶のフレーズを丸暗記して、すぐにでも使えるほど完全に覚えていたとします。

そこに、最近海外から移動してきた外国人の上司がやってきて、あなたがついこの英語の挨拶をしてしまうと、おそらくその上司は驚いて無言になることでしょう。
というのも、これは親しい間柄の相手にしか使用しないフレーズだからです。

人がどんな言葉を使うかは、状況や立場、または相手によっても変わってきます。
これは、英語でも言えることです。

会社の会議とプライベートでは、同じことを言うとしてもやはり話し方が違います。
テキストのフレーズを丸暗記するだけでは、このように応用が利かなくて困ったことになる場合もあります。

例文を何度も何度も口にして丸暗記すると、そのフレーズはすぐに口について出てくるようになります。

ただし、ここで十分に注意しなければならないことがあります。

もしあなたが
“ What’s up?”(調子はどう?)
という挨拶のフレーズを丸暗記して、すぐにでも使えるほど完全に覚えていたとします。

そこに、最近海外から移動してきた外国人の上司がやってきて、あなたがついこの英語の挨拶をしてしまうと、おそらくその上司は驚いて無言になることでしょう。
というのも、これは親しい間柄の相手にしか使用しないフレーズだからです。

人がどんな言葉を使うかは、状況や立場、または相手によっても変わってきます。
これは、英語でも言えることです。

会社の会議とプライベートでは、同じことを言うとしてもやはり話し方が違います。
テキストのフレーズを丸暗記するだけでは、このように応用が利かなくて困ったことになる場合もあります。

英会話例文暗記のメリット①イメージを残しやすい

テキストの英会話の丸暗記は、会話のイメージを残しやすいというメリットもあります。

最近の英会話のテキストは、ネイティブスピーカーが日常生活のいろいろな状況で実際に使っている会話のやりとりが、そのままの形で収録されていることも多いです。

そのため、テキストに載っている会話の流れを丸暗記しておけば、実際に自分がそのシチュエーションで英語を話す時に、相手とのやりとりのイメージが頭の中に残っているので、スムーズに言葉が出てくるようになるというメリットがあります。

英会話例文暗記のメリット②例文暗記で単語も文法も覚えられる

「英会話フレーズの丸暗記では、一つ一つの英単語や英語の文法を理解して覚えることはできないよ」という意見もたまに聞きますが、実際はそうでもありません。

まず、暗記した英会話のフレーズを相手に話してみて、そして相手の返事を聞く。
その繰り返しを経験するうちに、だんだんと一つ一つの単語の意味が明確に身についてくるものです。

さらに、いくつか似たような例文フレーズを暗記していくうちに、〈主語・動詞・目的語〉などといった英文の構造が見えてきて、〈3人称単数現在形の主語〉や、〈仮定法で使う動詞の時制〉などを自然と理解することもできます。

おすすめの暗記法①文章をアレンジして覚えよう

「へえ、そうなんだ?」「よかったね」などのたった一言の短い言葉なら、丸暗記したものをさっと出せば間に合いますが、少し長めの文章の場合は、いくつかのアレンジを覚えておく必要もあります。

例えば、すばらしく晴れた日に会った人に
“It’s a beautiful day today, isn’t it?”
(今日はすばらしい日ですよね。)

と、丸暗記のフレーズで話しかける事ことは可能です。

しかし、もしも昨日の大雨の方が印象に残っていたとすれば、そちらの方を優先して言いたくなります。
とっさに少し文章を応用して使いたくても、応用のしかたが分からなくて、つい言葉が出てこないこともあるでしょう。

そこで、天気のことを話したければ、晴れだけではなく、昨日の大雨の話や、風が強い時なども想定しておいて

“It rained really hard yesterday, didn’t it?”
(昨日はすごい雨でしたよね。)

“It’s very windy today, isn’t it?”
(今日は風がとても強いですよね。)

といったような、例文の文章をアレンジしたものも合わせて事前に覚えておくと、とても役立ちます。

おすすめの暗記法②シャドーイングで発音も覚えよう

〈シャドーイング〉とは、有効な英会話学習の一つとして知られているもので、耳に入ってくる会話文のすぐ後から、追いかけるように同じ会話文を発話してみるという会話練習です。

英語を聞いたそばからどんどん復唱していくので、やればやるほど英語の発音に慣れていき、発音のしかたが自然と身に付き、正しく覚えることができます。

日本語には〈片仮名〉という表現方法がありますが、実はこれが日本人の正しい英語の発音取得を妨げている面があると言われています。
一方で、実際は片仮名として自然に覚えている英単語は多いため、日本人は意外と英語の語彙が豊富であるというよい面もあります。

そこで、英会話学習にシャドーイングを取り入れて、片仮名として覚えている英単語の発音をどんどん修正していけば、リスニングの力も発音も効率よく上達させることができるのです。

おすすめの暗記法③英文の内容を和訳してから覚えよう

日本人が外国の人と英語で話すとき、お決まりのフレーズならすらすらと口にして会話することもできます。

ところが、たまにその英文の内容をよく理解しないまま使ってしまい、相手とうまく意思疎通することができない場合もあります。

そこで、英会話のテキストを利用する場合は、英文の内容の和訳もしっかり確認しておくこともおすすめします。

自分が話すフレーズがどういう意味かを日本語できちんと把握しておけば、言いまちがいを減らすこともできるし、相手との会話がよりスムーズになるはずです。

ABOUT ME
ショーン
ショーンです!クオーターの帰国子女です。 上智大学英文学科卒業後、て中学校で英語教師として勤務しています。 私自身の経験をもとに、英会話のコツと上達方法について気ままに執筆しています。