基礎知識

子供に英会話をやらせる効果は何? 小さい時から始めるのが絶対おススメです

子供の英会話効果

英語学習は現在では小学校の授業でも必修科目になるほどに、更に身近なものになりました。

どんどんグローバル化していく現代において、今後日常生活でも英語に触れる機会は多くなり、またある程度の理解力も必須になってくると言えるでしょう。

まだ子供が小さいうちから英会話を習わせたいという親御さんは多いと思いますが、どのような効果があるのでしょうか?

子供に英会話をやらせる効果、その理由、英語学習のコツを説明していきます。

子供の時に英会話を効果

子供に英会話をやらせる効果は、ズバリ、耳と口(発音)が自然に英語に対応することです。

今どきの言葉で言えば、英語脳が身につくということです。

早ければ早いに越したことがありません。

子供の時に英会話をやらせる理由

聞く能力に長けている

まだ字も読めないほど小さい子供が、なぜ色々な言葉を覚えることができるのでしょうか?

その答えは、言葉を音として聞き取り、覚えるからです。

それだけ子供の聞く能力はとても高いということは実証されており、特に幼児期までがその能力を一番発揮できる時期であると言われています。

聞いたまま発音ができる

幼児期までに英語学習を始めると、聞いたまま発音して言葉を覚えていくので、より感覚として英語に触れやすいという利点があります。

発音記号というものを学校の授業で学んだ経験がある人は多いと思いますが、その全てを暗記して覚えようと思うと至難の業であると言えるでしょう。

特に普段日本語の発音では使わない、「ア」と「エ」の合字である”ae”や、主に”th”と語が並んだときに舌を噛むような形で発音する”θ”と”d”などの発音は自然に発声することが難しく、発音記号だけを頼りに発声練習をするのはとても労力が必要な話とも言えますよね?

ではなぜそんな大人たちの苦労をよそに、子供たちはスラスラと発声できるのでしょうか?

それは、子供は英語の細かい発音全てを聞こえたままに発声できるからです。カタカナ英語から入るとどうしてもイメージが先行してしまい上手く発音できないものですが、まず本来の英語の発音から入ると聞こえたままに発声法を吸収することができます。

つまり、発音記号などは発声の中で自然に覚えられるため、子供たちには必要ないのです。

反対に、子供に英語の発音をカタカナで言わせようとすると、とても違和感を覚えるそうです。例えば最初に覚える英単語の代表といえばリンゴの英単語「アップル」ですが、この「アップル」という単語こそ最初の”a”の発音が”ae”なので、カタカナ英語を知らない子供が「アップル」をカタカナで表すとすれば、「エアポゥ」が答えとなるでしょう。それだけ子供たちは先入観がないこともあり、素直に聞く能力に長けていると言い切ることができます。

子供の英語学習のポイント

書かせるのではなく聞かせることを重視する

学校のテスト前などに、教科書やプリントの英単語リストをとにかく覚えられるまで書き続けたという思い出がある人は多いのではないでしょうか。

確かに書くことで暗記することも大事なことですが、書いて覚えることが作業的になってしまったり、また書くこと自体を苦痛に感じてしまったりすると、次のテストの頃にはせっかく覚えた英単語を忘れてしまっているということもよく見受けられます。

日常生活で英語と自然に触れ合うためには、まず英語を聞いてしっかりと発声することが大切です。

特に子供のうちは英語の細かい発音をしっかりと音で理解できるので、書かせることよりもまず聞かせることを重視しましょう。

日常でもよく聞くフレーズというのは、なかなか忘れるものではなく、また覚えることも容易だったのではないでしょうか。書いて覚えた記憶がなくとも、”Hello.”は「こんにちは」ということは自然に理解でき、”I’m Sorry.”は「ごめんなさい」ということもテレビや日常会話を通じて自然と学べているのです。

また英単語も同じく、書くと難しい単語に分類されやすい”beautiful”でも、発音を聞いてみると「きれい」という意味であることは理解しやすく、”pretty”という英単語の字が読めなくても、実際に発音を聞くと「かわいい」という意味が理解できる場合も多いと言えます。

勉強として英語を書いて覚えることは大事なことではありますが、英語を言語として覚えるためにはただ書くだけではなくしっかりと英語を聞き、字をしっかりと声に出して読むことが大切です。

私たちが日本語を聞いて覚えたのと同じように、子供の英語の自宅学習のサポートをしてあげるなら、とにかくたくさんの英語を聞かせて、英語を自然に発声できるようにすることを第一に心がけましょう。

ネイティブから英語を学ばせる

英語を自然に頭に受け入れられる「英語脳」をつくるには、子供のうちから英語をたくさん聞かせて、発声させることが一番の近道になります。

子供を英会話塾に通わせている、またはこれから通わせたいという人は多いと思いますが、ここでぜひおすすめしたい英会話塾選びのポイントは、ネイティブ講師がレッスンしてくれるところを選ぶということです。

正しい発音から英語を学ぶことは、英語をより日常的なものにするために最も重要なポイントとなります。

そのために必要なことがネイティブ講師からしっかりと「生きた英語」を聞くことです。近場にネイティブ講師がいない場合は、ネイティブレベルの会話力を持つ講師が在籍する英会話塾を選びましょう。

子供は聞こえたままの音を記憶し、発声することができるので、幼児期に覚えた発音はこの先忘れることはありません。自然な英語を発声できるようになるきっかけとして、このポイントは押さえておきましょう。

まとめ

子供のうちから英会話を始める効果とその英語学習のポイントでした。

英語がより身近なものになるように、これらのポイントもぜひ参考にして頂き、お子さんと一緒にステップアップしていくことの手助けになれば幸いです。

以上、子供に英会話をやらせる効果は何?…という話題でした!

ABOUT ME
ショーン
ショーンです!クオーターの帰国子女です。 上智大学英文学科卒業後、て中学校で英語教師として勤務しています。 私自身の経験をもとに、英会話のコツと上達方法について気ままに執筆しています。